« マヤゴノミ、amazonでも販売開始! | トップページ | 【速報?】アリエッティな写真たち展開催決定! »

2011年4月11日 (月)

この一ヶ月の間に考えたこと。

一ヶ月前のこの時間、東北地方太平洋沖地震がおきました。
以下は、ここ一ヶ月、私が折々に思ったこと、考えたことを集めたものです。中にはTwitterでつぶやいたものも混じっています。あくまで、私個人の考えや思いつきですので、間違いや考え違いもあるでしょう。時系列にそってまとめてあるわけでもないので、矛盾や思い込みも多々あると思います。あまりにも非日常な出来事が次から次へ起こり、平静であろうと自分に言い聞かせながらも、時に冷静さを失ったこともあると思います。それでも、それらすべて、この一ヶ月に私が考えたことから、思い出せるものを集めました。
この先、日本がどうなっていくのか、私にはわかりません。わからないからといって、原子力や放射能のように必要以上に恐れる必要もないし、ましてや、他人のせいにしても、何も変わりません。今は自分で考え、自分に出来ることを精一杯頑張るしかないと思います。一ヶ月経った今、過去に思いを馳せ、現在を見つめ、未来に夢を見るため、自分自身を今一度見つめなおそうと思いました。

原発反対。
今となっては、賛成するわけにはいかなくなってしまったけれど、反対が強いから、作れる場所にまとめて作ってしまって、今回のような大規模な災害になってしまった。反対が強くて、新しいものを作れないから、古くなって、多少危険になっても使い続けるしかなくなる。計画停電のパニックや、スーパーの空っぽの棚をみると、我々はもはや電気なしでは暮らせないことを思い知らされる。反対するのは簡単だけど、反対するからには、他力本願じゃなく、自分を律することが必要なんだと思う。電気やテレビを付けっぱなしにしたり、必要以上にエアコンの設定温度を上下したり、だれもが思い当たる節があるし、耳が痛い。

電気
自然界には、我々がそのまま使える電気というものは無い。その「便利」を享受するために我々がどんなリスクをしょっているのか、改めて考える必要がある。

半減期。
半減期とは放射性物質が半分に減るために要する時間の事。つまりは放射能が半分に減るまでの時間。
ヨウ素131は半減期が8日間、プルトニウム239は2万4千年。放射線は、各々が崩壊する時に放射される(乱暴な言い方をすれば有害物質が無害になる時に吐き出す毒のようなもの)それだけ長い時間放射線を発するという事だけれど、量が同じなら、私があと30年生きるとして、ヨウ素やセシウムに関しては、その全てを受けてしまうが、プルトニウムに関しては、その800分の1しか受けない事になる。
※これはあくまで量の問題であって、有害性は、また、別の話。

自然の恩恵と、おごりの代償。
自然は我々に様々な恩恵をもたらしてくれる。人間は、その恩恵だけでは飽き足らず、自然をコントロールしてやるというおごりを持った。そのおごりが災厄を招くとは考えなかったのか?いや、考えたけれども、自然はもっと偉大なものだった。所詮、人間も、その自然の一部でしかない。
「人の皮膚に住みついた蚤は、決して人を操ることはできない。」
自分自身をもコントロールできない人間が、はるかに偉大な自然をコントロールできるというおごりを、自然は一笑に歩したのではないか?とも思う。

地球にやさしく。
これこそ人間のおごり。地球が我々にやさしくしてくれなければ、人間はあっというまに消し飛んでしまうほど小さな存在ではないのか?

祭り。
祭りとは、そもそも神の怒りや、自然の猛威を鎮めるために行われてきたこと。ただのお祭り騒ぎではない。こんな時だからこそ、本来の意味で、祭りをすべきじゃないだろうか?自粛なんてもってのほかだ。自然に対する恐怖と感謝を思い出すべきだ。

東電。
東電を悪者にするのは簡単だ。たしかに悪い部分はたくさんあるだろう。しかし、東電を悪者にしたからといって、自分たちの無意識の罪が許される訳ではない。

作られた悪者。
他人のせいにすれば、自分は悪くないと思える。誰かを悪者にすれば、自分たちのせいじゃないと安堵できる。そういう浅はかな考えが、いじめを生み、差別をエスカレートさせ、戦争を起こさせる。
でも、それじゃあ何も解決しない。

情けは人の為ならず。
各国からの支援や応援の声を聞くたび、この言葉を思い出す。みなが人を助けたいと思えば、自分も救われる。それは、道元禅師の自未得度先渡他に通じる。今、我々に届いているのは、先人達がしてきてくれたことの実り、我々もまた、それを次の世代に繋ぐために動き出さなければいけない。

情報開示。
情報開示は、とても大事なことだけれど、すべての人がそれを冷静に判断できるとは限らない。その時の精神状態も理解力、知識レベルも様々。ツイッターを見ていると、つくづくそう感じる。自分の判断が本当に正しいのかどうかわからないけれど、少なくとも自分で判断したんだから、納得はできる。

責任をとって辞任します。
すぐ、みんなが責任とって辞めろって、言うから、辞めればそれで御破算になるという風潮が蔓延している。政治の世界は特にそうだ。責任取る気があるなら、命をかけて続けろ!

批判と賞賛。
巷で批判と賞賛を比べると、おそらく批判の方が多いだろう。批判するのは簡単だ、気にくわないところを見つけては悪態つけばそれで済む。批判されれば言い訳をする、あんたはどうなんだと反論する。結局、悪口の言い合いで建設的なことは何も無い。賞賛されたらどうだろう?照れくさいなどと思いつつ、自分はその称賛に値するかと自問する。その賞賛に応えようと、よりいっそうの努力をする。賞賛とまではいかなくとも、まずは悪いところは目をつぶり、相手の良いところを探してみよう。

リーダーの資質。
リーダーの資質って、元々あるものばかりじゃ無いと思う。こんな時に、決して逃げださず、投げ出さず、諦めないで歯を食い縛って、頭と体と心を目一杯使って行動するから、備わってくるもんじゃないだろうか?

ビジョン。
震災前は、管総理の発言に、ビジョンが無い、日本の将来に向けての長期的な見方が出来ていないと言っていたマスコミ。震災後、復興という未来を語り出した管総理に、先のことも大事だが、今、そこで苦しんでいる人々の意見を聞くべきだと、論調が変わった。

ビジョン2
トップが掲げるのは、将来へのビジョンで良い。後はそれを実現させるため、スタッフが動けば良い。だからこそ、内閣や、大勢の政治家、もっと多くの官僚がいる。こと細かく意見をを聞き、こまかな采配をするためにこそ彼らがいる。トップがいちいち細かいことに気を取られていては、大きな一歩は踏み出せない。。

給油制限。
(春分の日のツイート)三連休の中日のせいか、ガソリン不足のせいか、都内には車が少ない。これで、少しは空気がきれいになるかも。みんなそろそろ、いろんなものを無駄遣いしてたことに気づくのかな?でも、給油待ちはアイドリングストップでお願いします。

買い占め。
海外のメディアで、日本人の規律を重んじる姿勢や冷静さを賞賛してくれているが、その中に、関東圏で買い占めに走る日本人は入っていないと思う!テレビを観ながら買い占めた食料を貪るのはやめて、ちゃんと働こう!頑張ってる被災者の方々のために...。もう、被災者ごっこはやめよう!

わからないことの恐さ。
「わたしなんか、わからないから、恐くて恐くて.....。」
「とりあえず、わからないから、水とトイレットペーパーだけは買っとこうと...。」
「だれも説明してくれないからわからないしねぇ...。」
      ・
      ・
      ・
「わからないんだったら、調べればいい!勉強すればいいだけじゃないか!」
もう、いい加減、他力本願じゃなく、自分で考えようよ!

経験という宝。
「古い船には新しい水夫が乗り込んでいくだろう。」
「古い船を今、動かせるのは、古い水夫じゃないだろう。」
「なぜなら古い船も、新しい船のように、新しい海へ出る。」
「古い水夫は知っているのさ、新しい海の恐さを。」
(イメージの詩/吉田拓郎より)

働く。
利権に走らなければ、素晴らしい解決策はいくつも見つかると思う。その積み重ねが日本をきっと良くしていくはず。みんなで手を動かそう!楽して金儲けは、しばらくお預け。マネーゲームはほどほどにして、額に汗してみよう。

自然に生きる。
「誰かが言ってたぜ、俺は人間として自然に生きているんだと。」
「自然に生きてるってわかるなんて、なんて不自然なんだろう。」
(イメージの詩/吉田拓郎より)

不便は工夫のエネルギー。
便利な世の中で、人は工夫を忘れる。便利なものは全て、だれかの工夫の上に成り立っている。今年の夏は、電力不足から、様々な不便を強いられる事になるだろう。今こそ便利な世の中で眠っている工夫する力を呼び起こし、頭を賢く使おう。

不便を楽しむ。
江戸時代は、今と比べれば、それこそ考えられないくらい不便だったはず。人々は工夫することによって不便を便利に変えるだけじゃなく、変わらない不便を楽しんじゃうくらいの気概があった。それが「粋」ってもんだ!

発見。
人間の体って不思議だ!止まっているムービングウォークを歩こうとしたら、乗り降りで身体が勝手に反応してつんのめりそうになった。頭では動いていないのがわかっているのに、体は反応するんだ!節電はいろんなことを教えてくれる。

桜。
しっかり根をはって、幹が強ければ毎年桜は咲く。こんな時でも精一杯咲くんだ!うつむいて暗くなるんじゃなく、桜を見上げて笑顔と勇気と自信を取り戻そう!

|

« マヤゴノミ、amazonでも販売開始! | トップページ | 【速報?】アリエッティな写真たち展開催決定! »

コラム・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216618/39520925

この記事へのトラックバック一覧です: この一ヶ月の間に考えたこと。:

» 被ばくを最小限に抑えるための知識 [被ばくを最小限に抑えるための知識]
このたびの東日本大震災で被災された方々、そのご家族、ご関係者のみなさまへ心よりお見舞い申し上げます。 震災後、福島第1原発の放射能漏れ事故の影響で消費者が水道水を敬遠し、ペットボトルなどのミネラルウォーターなどの飲料水を買いだめする傾向がみられています。 安全な暮らしに役立つ生活術などをまとめてみました。... [続きを読む]

受信: 2011年4月21日 (木) 09時49分

« マヤゴノミ、amazonでも販売開始! | トップページ | 【速報?】アリエッティな写真たち展開催決定! »