« お食事の準備。 | トップページ | ここまでやればさすがに・・・。 »

2010年4月 3日 (土)

転ばない自転車は、子供を真っすぐに育てるのか?

アメリカでは、ジャイロ内蔵の自転車用車輪が発売されるらしい。原理は昔流行った地球ゴマと同じだ。車輪内部でジャイロが回転することによって、自立して倒れない。まずは子供用の小さいサイズが10,000円ぐらいで発売されるようだ。その車輪を買ってきて、充電し、自転車に取り付ければ、転ばない自転車の出来上がりだ。
もう、補助輪はいらない。転ぶこと無く、無駄な練習もいらない。その日から自分で自転車に乗れるようになる。もはや、うしろで支えてくれるお父さんもいらない。自転車に乗れるようになるということは子供にとってとても大きな事だと思う。転びながら乗り物に乗ってバランスを取る事を覚える。転んだ時の痛みを知り、上手に乗れない悔しさをバネにし、お父さんの頼もしさを知り、お母さんの愛を感じ、初めて乗れた時の喜びを感じる。何より体の動かし方を学ぶことは脳の発育に大きな影響を与えるという研究成果も発表されている。子供の頃、達成感を感じる事の中で、自転車は、間違いなく上位にくる思い出だ。そういう事が子供の成長には大事じゃないかと思う。たしかに転んで怪我をすればかわいそうだし、そんな事にならないよう、親が危険を排除したい気持ちもわからんでもないが、何事もやり過ぎは良くない。全ての危険を取り除き、安全なものだけを与える温室では強い種は育たない。わさびだって快適すぎる環境で育てると辛くならないらしいし、トマトは、ぎりぎりの水量で育てると最高に甘くなる。
転ばない車輪は、労せず自転車をまっすぐ進めてくれるかもしれないが、その子がまっすぐ育つとは必ずしも限らない。

「自立する自転車は、子供を自立させる事ができるのだろうか?」

|

« お食事の準備。 | トップページ | ここまでやればさすがに・・・。 »

コラム・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216618/33942952

この記事へのトラックバック一覧です: 転ばない自転車は、子供を真っすぐに育てるのか?:

« お食事の準備。 | トップページ | ここまでやればさすがに・・・。 »