« マヤゴノミ通販スタート! | トップページ | お食事の準備。 »

2010年4月 1日 (木)

違いを知る事。

「互いの違いを理解するという事は、相手の間違いを正す事ではなく、己の真実を知る事だ。」

約3年に及ぶ日韓歴史共同研究の報告書が公表された。フランスとドイツの例に習い互いの認識の違いを認め合うために行われている。3年もかけて結果は、互いの歴史教科書の批判というお粗末なものだ。歴史とは所詮言い伝えでしか無い。どこかで利害が絡めば、容易に書き換えられてしまうものでもあると思う。こういう事は世界中で行われている。宗教によるもの、政治的なもの、要因は様々だが、自分達の主張を声高く叫べば叫ぶほど解決は難しくなる。どんなに健全に検討しあったところで、相手の間違った歴史観を正そうとすれば、必ず衝突が起きる。互いに相手を正そうとする姿勢では、まず、折り合いをつける事はできない。結局のところ、各々が自分達の歴史を、主張を、冷静に研究し、あらゆる利害を排除した上で、自らの間違いを表明する事ができなければ、正しい結論は得られないと思う。そのためには、相手も同じ姿勢で望んでくれる事が重要だ。結局、どれだけ信頼し合えるかということに戻ってしまう。本来、研究という崇高な現場では、公正であり純粋であるべき研究者が集まって、どうして互いに折り合いのつける真実に行き着けないのだろう?本来、研究者の求めるものは、主義主張から離れた純粋な真実のはずだ。その考えが共有できれば、自ずと真実に近づくのではないかと思うのは、甘い考えなのだろうか?

難しい事だが、相手を理解するためには、まず、己を知る事から始めるしかないんだと思う。そして、それを正直に伝えること。

たとえ、それがバカ正直だと言われようが。

|

« マヤゴノミ通販スタート! | トップページ | お食事の準備。 »

コラム・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216618/33970252

この記事へのトラックバック一覧です: 違いを知る事。:

« マヤゴノミ通販スタート! | トップページ | お食事の準備。 »