« 桜の花は白い。 | トップページ | キリンは黄色い? »

2010年3月17日 (水)

損得勘定。

最近は、健康のためにできるだけ歩くようにしている。おかげで、歩くのが苦にならなくなってきた。昔は歩くのがきらいで、どうすれば、最短距離でいけるかばかりを考えていたように思う。まるで、余分に歩くことが損だとでもいうように。回り道などもってのほか。トイレに行く時にも、ついでにコーヒーを入れて、途中でプリントアウトを拾ってという具合で、常にシステマチックに考えるクセがついていた。とにかく、一歩でも多く歩くのが嫌だった。駅のホームも乗り換えの効率を考え、最適な扉、最適な座席を探していた。歩く距離が伸びればそれだけ時間もかかるし、人生の中で大きなロスだと考えていた。
ところが、去年ぐらいから年齢的にも基礎代謝が弱ってきたので(たぶん)、それを補うため歩くことを採用した。そうしたら、あんなに毛嫌いしていた歩くことにも大きな意味があると気がついた。確かに時間はかかるが、その成果はちゃんと体に帰って来る。一歩歩けば、その分なにがしかのプラスのなると考えると、回り道、寄り道が楽しくなる。面白いことにたったこれだけの意識の変化で、今まで身の回りにありながら見えていなかったものがいろいろ見えてくる。現金なものでそうなると俄然歩くことが楽しくなる。もはや、健康のためという義務感は無い。少しでも遠くへ、軽やかに大股で、電車の中でも座らなくなったし、階段も一段飛ばしでのぼる。目的のひとつ手前の駅でおりて歩いてみると新しい景色にも出会える。風が心地良い、太陽が暖かい。そしてベンチで休みながら、このエントリーを書いている。
間違いなく、私にとって歩くことは「損」から「得」に変化した。いや、もはやそんな損得勘定はどうでもいい。歩くことを損だと考えていた時期が、それこそ損をしていたんだと思う。

|

« 桜の花は白い。 | トップページ | キリンは黄色い? »

コラム・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216618/33779562

この記事へのトラックバック一覧です: 損得勘定。:

« 桜の花は白い。 | トップページ | キリンは黄色い? »