« iPadは、iPod touchをただ大きくしただけ。 | トップページ | アメリカ村では。 »

2010年2月 5日 (金)

朝青龍引退!

昨日、朝青龍が引退を表明した。直接の原因は場所中の傷害事件で、擁護するべくも無いが、それまでの度重なる横綱としての品格を問われたものだと思う。最近に無い「強い横綱」で、破天荒なところや、笑い顔がやけに子供っぽくて可愛かったところ、話題に事欠かなかったところも決して嫌いじゃなかったので、なんとなく惜しい気がする。昨今は、「まじめ」や「おとなしい」「品行方正」な人物が高評価される風潮があり、「破天荒」でアバンギャルドな人物は、疎まれるような気がする。皆がそうだと困ってしまうが、そういう人物は、歴史の要所で時代を変革し、築いてきたような気もするので、一概に排斥してしまっていいようには思えない。

よく、朝青龍は「スポーツマン」であっても「関取」ではない。という表現をされるが、それは、民族意識に根ざすのだと思う。日本人なら小さい時から、好き嫌いは別にして相撲に触れる機会は少なからずあるし、相撲に限らず、「武道」というものには、ただ強いだけじゃなく、品格が必要だという事をなんとなく肌で感じていると思う。残念ながら朝青龍にはそれが備わっていなかったが、彼は、そのそも外国人であるし、「相撲」をスポーツの一種と捉えてしまってもしょうがない事のように思える。本来、それを矯正するのは、外国から彼を引っ張ってきた親方の責任だ。まず、攻められてしかるべきは親方であって、引退するなら、先に親方がするべきじゃないのか?とも思う。今まで、さまざまな報道の中で、高砂親方のなんとだらしなく、情けない姿が多かった事か。こんな親方の元で、ちゃんとした品格が備わるはずもないとも思っていた。日本に来てまもない頃から、親方がもっとちゃんと躾けていられたら、こんなことになならなかったような気がする。逆に彼のパフォーマンスの面白さも薄れていたかもしれないし、横綱まで登り詰める事ができなかったかもしれない。いや、もっと最強の横綱になっていたかもしれないが、それは、「もしも」の話で、今となっては望むべくも無い。

前人未到の69連勝を成し遂げた第35代横綱、双葉山が、70戦目にしてついに破れた時、師と仰ぐ安岡正篤に「我、未だ木鶏たりえず。」という言葉を打電したといわれる。これは荘子の訓話からきている言葉で、王のために闘鶏を育てていた紀子の話。

紀子が王の軍鶏を訓練し出して10日後、王が紀子に「もう、戦えるか?」と尋ねた。
紀子は、「まだまだです。むやみにやる気を見せているだけです。」
さらに10日後、王が尋ねると、
「いや、まだまだです。他の軍鶏の声や姿にいきり立つ状態ですから。」
さらに10日後、
「まだ、相手を睨み付け、闘志をむき出しにしますから。」
そして10日後、王が尋ねると、
「やっとものになってきました。他の軍鶏が声を上げても一向に動じません。まるで木彫りの軍鶏のようで、徳が付いた状態になりました。もはや、どんな軍鶏もかなうものではなく、後ろを向いて逃げ出す事でしょう。」

本当に強い者は、その強さを自らむやみに発散する事は無い。まるで木彫りの鶏のように、ただ静かに凛として立っているものだという事。対峙した者は、その奥に秘められた強さを肌で感じ、戦わずして負けを認めてしまう。まぁ、弱い犬ほどよく吠えるという言葉に近いかな。
69連勝もし、寡黙でしられた横綱が、自分はまだ、木鶏の境地には達していなかったと師に伝えたということになる。そんな彼も立派だが、彼をそこまでにした師もまた素晴らしい人物だったんだと思う。また、周りもそうだったに違いない。日本人が皆、誇りと自身をもち、礼をわきまえ、自らを律する事が出来た時代だったのかもしれない。
今の世間の重箱の隅をつつく様な騒ぎを見ていると先行き不安だなぁ.....。

|

« iPadは、iPod touchをただ大きくしただけ。 | トップページ | アメリカ村では。 »

コラム・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216618/33247709

この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍引退!:

« iPadは、iPod touchをただ大きくしただけ。 | トップページ | アメリカ村では。 »