« 嫌疑不十分と疑わしきは罰せず。 | トップページ | 取り付く島が無い! »

2010年2月 8日 (月)

息衝く暇がない!

漢字が多いと日本語は読みにくい?
たまたま、Yahoo newsで公務員法改正のニュースをニュースを開いた時、一瞬、「うわっ!読みにくいと思ってしまった。」下は、その文章の抜粋。常日ごろから、一日の内、数回、ニュースの類いはチェックするので、画面で活字を読むのにも少しは慣れていたと思ったが、これはちょっと新鮮だった。
なんのことはない、漢字が多く、平仮名が少ない。カタカナにいたってはほとんど使われていないだけだが、妙に違和感を感じてしまった。このブログ上の表記でその感覚を味わっていただけるのかどうかは個々の環境にも依存する事なので何とも言えないが、日常、我々が、どれだけ、平仮名やカタカナに依存しているかを思い知らされた。本を読む場合、そんな感覚はあまり感じないような気がする。たとえば、時代小説なんかを読む場合は、基本的にカタカナは出てこないし漢字も多い。いや、最近は時代小説も読まなくなったから、単に漢字になれていなくなってしまったんだろうか?

通常は、下段のような、仮名と漢字が適度に配分された文章になると思う。特に、ネットで読むニュースなんかは、ITやPCなんかのニュースが多いので、必然的にカタカナが多くなる。こうして見比べてみると、上段は、なんとなく中国語のようにも見えてしまうから不思議だ。密度が濃く、空きが無いので息苦しく感じてしまう。さらっと読む事が出来ない。常日ごろから、本を読み、活字に親しんでいる人ならそんなことは無いのだろうが、私自身、この事に少し驚いた。逆に仮名が多いと、なんとなくメリハリがあって元気で楽しいような気がしてしまう。実際、上は、政府発表のお堅いニュースだし、下はスポーツニュースなので、各々の性格が字面で表現されているのかもしれない。

やっぱり、もっと本は読まなきゃいけないなぁ。
老眼(遠視)になってから、眼鏡をかけるのが面倒で、めっきり本を読まなくなったせいかなぁ?


【サンプル】(内容は特に関係ありません。)

(漢字が多く、平仮名が少ない。カタカナはほとんどない。すき間がなく息衝く暇がない。)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
政府が今国会で提出する国家公務員法等改正案の素案が3日分かった。「内閣の重要政策を実現するため」に首相が各閣僚に部長級以上の幹部の異動を要求できる規定を設けるなど、首相官邸の意向を幹部人事に直接反映できる仕組みを明文化する。また、事務次官を局長級と同格とみなし、降格を容易にする。いずれも政治主導・官邸主導で政策立案を推進するため、官僚の人事異動を柔軟に行えるようにする措置で、衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた「新たな幹部人事制度」の輪郭が示された。素案では「首相または官房長官は、内閣の重要政策を実現するために適切な人材を登用する必要があると判断する時は、任命権者(閣僚など)に幹部職員の任免の協議を求めることができる」と明記。また、任命権者側には幹部の任免の際、「あらかじめ首相及び官房長官に協議する」ことを求めている。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(通常?のイメージ。こちらの方が何となく読みやすく感じる。)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「日本で行われる親善試合に分析スタッフを派遣する予定はない。本大会直前に欧州で開催される試合には監督か、監督の知り合いが視察に行くかもしれないが、それまでは見送りでOKだろう」。前カメルーン代表監督でエスパニョールと同代表のGKコーチを兼務するトーマス・ヌコノ氏(53)が語った。日本の東アジア選手権や3月のバーレーン戦は映像での分析のみで十分という見解を示した。アフリカネーションズ杯準々決勝・エジプト戦で1—3で敗れた不屈のライオンだが、2日のベネズエラ戦で凡戦ドローに終わった日本に対しては、あまりに無警戒だ。 また、カメルーンは3月3日にモナコのモンテカルロでイタリアと親善試合を行うことが2日、イタリア協会から発表された。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

|

« 嫌疑不十分と疑わしきは罰せず。 | トップページ | 取り付く島が無い! »

コラム・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216618/33246625

この記事へのトラックバック一覧です: 息衝く暇がない!:

« 嫌疑不十分と疑わしきは罰せず。 | トップページ | 取り付く島が無い! »