« 【crane file : 024】砲台 | トップページ | 【crane file : 025】挟む! »

2009年9月 7日 (月)

体罰とピストル。

先日、テレビで教師の体罰についてあるタレントの話していた事が印象に残った。番組としては視聴者アンケートに基づく二択のクイズで、そのクイズは、小学生の子供を持つ母親100人に聞いた「時には教師の体罰も必要だ。」「どんなことがあろうと体罰は禁止。」の二択。驚いた事に体罰容認が87%、絶対禁止が13%という結果だった。もちろん、「時には」の解釈にかなり差があると思うので微妙なところではあると思う。それはみなが認めていた。しかし、出演者の中で「断固反対」の人もいた。彼女は、わかるまで何時間でも説明するという。これに対して彼は、子供を座らせて、何時間も説教するのはもはや「体罰」と言い放った。その通りだと思う。子供にとってそちらの方がよほどこたえるか、あるいは途中から思考が停止していると思う。大人だって何時間も上司の説教は聞けない。そんなことをしたらセクハラやパワハラで訴えられかねない。

さらに彼は付け加える。体罰をしてもいいのではなく、「体罰をしてもいい先生がいる」。微妙な言い回しだが、ようは、だれもができる事ではないということだ。本当にその子供の事を思って、将来を考えて叱る事はとても難しい。ついつい(教師の)ムシの居所が悪かったから面当てのように叱る(怒る)。これは最低だ。こういう親も世の中にはたくさんいると思う。本当に相手の事を思い、最善の方法としての体罰ならば許されるべきだ。その時、教師は自分の進退、つまり「クビ」を覚悟で生徒を殴るのだろう。そんな本物の教師が今の日本にどれだけいるのか想像もつかない。でも、たくさんいて欲しい。少なくとも親は絶対そうじゃないといけない(親はクビにはならないけれど.....。いや、ならないからこそ)。自分の勝手な感情で子供を叱るのは最悪なんだと思う。何時間でもわかるまで説明するというのは、一見、とても素晴らしい事のように感じられるが、親のエゴではないだろうか?こどもはそんなにものわかりはよくない。大人と比べて圧倒的に知識と経験が少ないのだからあたりまえだ。ときには一回の「コツン」が、「つねる」ことがもっとも効果的ではないかと思う。けがをするほど殴るのは論外。これが大人どうしなら何時間でもお互いが理解できるまで議論し合えばいい。

もうひとつ、彼は「警官のピストルと教師の体罰は一緒や。あっても使えへん、でも必要や。」と言っていた。
警官の「ピストル」は、必要か?必要だから全員が持っている。また、みんながそれを容認している。ただしこのピストル、持つためには「資格」がいる。日本では警察官しか持てない。法律的な事はもちろんだが、その資質がおおいに問われる。さらに、使えるのか?となると、どんどんハードルは高くなる。それこそ警官をやめる覚悟どころか、間違えば自分が犯罪者になる覚悟が無い限りピストルを抜いて引き金を引く事はできない。もちろん、個人の感情など入る余地は無い。「正義を守る義務」「罪も無い人々を守る」ため、最後の手段として使う。この「引き金」には守るべき多くのものが宿り、それを認識している警察官の両肩には、普通人では抱えきれないような重圧がのしかかる。その重圧に耐えられるだけの精神力と理性があってはじめて引き金を引く事ができるのではないだろうか?(最近は警官の不祥事もあるので、問題もあるが、まだまだ多くの警官に正義の志は残っていると信じたい。)

そう、警官の「ピストル」と教師の「体罰」は、立場や相手はまったく違うが、それを使う時の覚悟は同じで無くてはならない。警官はまだしも、その覚悟も持って、実践できる教師が、まだ、たくさん残っている事を願いたい。親もそれを理解してあげて欲しいと思う。

「殴られるよりも、殴る方が痛い。」殴る側も殴られる側も、親も教師もこの言葉の真意をわかる人が多くいて欲しい。自分の感情(怒り)にまかせ、殴るのなら、そこいらのチンピラとかわりない。

|

« 【crane file : 024】砲台 | トップページ | 【crane file : 025】挟む! »

コラム・独り言」カテゴリの記事

コメント

でもね。
母親は感情で手を上げるのですよ。
それは子供に肉体的な痛さよりずっと強く通じる。

体罰が必要かどうかと言う議論自体が不毛で、その前にしっかり繋がりあえる愛情を持つ事が大切。

体罰論は子供と二人で公園に行って携帯電話とにらめっこしている母親の議論ですね。

投稿: Artist HAL_ | 2009年9月 8日 (火) 22時57分

そのとおりだと思います。私には子供がいないので親の立場で何かを言う資格はありません。私の親との関係の中で考えるすべしか持っていませんし、現在のすべての親子関係が悪い方向に向かっているとも思いませんが、何か違ってきているように思えるのです。
「携帯電話とにらめっこしている母親の議論」、納得です。ほんとうにその通りだと思います。さすがHAL_さん。

投稿: oka | 2009年9月 9日 (水) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216618/31241873

この記事へのトラックバック一覧です: 体罰とピストル。:

« 【crane file : 024】砲台 | トップページ | 【crane file : 025】挟む! »