« 鬼気迫る能面の表情。 | トップページ | 光のいたずら。 »

2009年9月29日 (火)

八ッ場ダム

ここのところ八ッ場ダムのニュースがテレビで報じられない日はないくらい毎日報道されている。その内容は、地元の方々が政治と官僚に翻弄された歴史と、続けた場合、やめた場合の経済効果に終始する。地元の方々の苦悩には同情を禁じえないし、中途半端に壊された山の風景を見ると悲しくなる。人間はなんと愚かな事をするのだろうか?歴史的な背景については、報道されている部分でしか知識が無いので私がどうこう言える立場には無いが、報道でしきりに取り上げられている経済的な数字の羅列に違和感を感じる。「ここまでいくらかかった、この先いくらかかる。」「今、やめるといくら残る」「しかし、地元への保障や地方への返金は...。」「やめた方が得か、やった方が得か?」「経済効果は?」「責任の取り方は?」とても難しい計算だと思う。私には到底計り知れない。でも、こんな報道競走に違和感を感じているのは私だけだろうか?いろんなしがらみがあって難しい問題なのかもしれないが、「壊さなくて良い自然」なら、壊さない方が良い。たとえ作るより中止する方がコスト高になったとしても、だからといって必要のない自然破壊をするのはおかしい。事はお金の問題じゃ無いと思う。だって国定公園や保護地域はお金を出しても守っているじゃないか?ここの自然を残すために、このままダムを建設するよりお金がかかったとしてもかまわないんじゃないか?そこのところがどうも軽んじられていて語られないのが不思議だ。

一度壊された自然を人間の力で元に戻す事はできない。まず、そこから考えてみてはどうだろうか?

 

|

« 鬼気迫る能面の表情。 | トップページ | 光のいたずら。 »

コラム・独り言」カテゴリの記事

コメント

八ッ場ダムは7割方完成しているという話は、数字的にはあっているのかも知れませんが、75%完成しているのは関連鉄道だけ、ダム基礎工事は0%その他の道路や代替え造成工事も10%に満たない数値です。
感情的には住んでいる人達に気持ちは移りますが、自然を考えたりその他総合的には、、、、。難しいなぁ。

投稿: Artist HAL_ | 2009年9月29日 (火) 15時29分

そうなんです。どうにも難しい問題なんです。そもそもこんなに長い時間かかってしまった事が不幸の始まりのような気もします。時間は、様々なしこりを残していきますからねぇ.....。

投稿: OKA | 2009年9月29日 (火) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216618/31537653

この記事へのトラックバック一覧です: 八ッ場ダム:

« 鬼気迫る能面の表情。 | トップページ | 光のいたずら。 »