« これが美術館なら | トップページ | 鉄の電柱 »

2009年7月 8日 (水)

自分を壊す。

R0019005
あしたばから臨む相模湾

ペンションあしたばのオーナーでもある彫刻家の井上さんのアトリエでお話しを伺いました。「自分を壊さなければ芸術はできない!」壊すといっても物理的に壊すわけではなく、ようは自分の殻を壊すということです。芸術に打ち込めば打ち込むほど、自分の理性が本質の邪魔をするというように理解しました。「綺麗に仕上げよう。」「上手に作ろう。」では無く、自分の本質から湧き上がるものと素直に向き合い、そのままを形にすること。それが難しい。どうしても良い子ぶって、表面を繕ってしまう部分がなかなか崩せません。「芸術家は酒を飲めた方が良い。」とも井上さんは言います。「飲んで自分をさらけ出して己と向き合う。」真意は決してお酒を飲めない人を揶揄しているわけでも無く、お酒の力を借りるという弱気でもありません。それくらい豪放に生きろと教えられた気がします。豪放でありながら作品に向かう時は繊細さも必要です。酒の飲めない私にとって、それに代わるものが何なのか、はたまたやはり酒なのか?それはわかりませんが、とにかく、まずは自分の本質と真剣に向き合うことから始めようと思います。

|

« これが美術館なら | トップページ | 鉄の電柱 »

コラム・独り言」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216618/30356060

この記事へのトラックバック一覧です: 自分を壊す。:

« これが美術館なら | トップページ | 鉄の電柱 »