« 紅白の袱紗(風呂敷?) | トップページ | 【新・浮世絵展】やっぱり龍が好き! »

2009年5月29日 (金)

なぜこの形が必要なのか?

R0018821

道端で見つけた蕾。何という名前の花なのか知りません。でも、その形は妙に私を引きつけました。最近のフォーミュラーカー(F1)のノーズを彷彿とさせる流線型。まるで風洞実験でも受けるかのような計算された曲線の組み合わせ。思わず「美しい」と唸ってしまいました。高速で移動するわけも無く、ましてや飛び立つこともないのに。生物の進化は、「自然淘汰」という言葉が象徴するように、ある種の必然の上に成り立っています。では、なぜ、この形が必要だったのでしょうか?雨露の水滴が効率良く流れ落ち蕾を守るためでしょうか?それとも強風を受け流し、茎の負担を軽くするためでしょうか?
その答えは、花が咲いた時にわかるかもしれません。(いや、わからないかもしれませんが.....。)

|

« 紅白の袱紗(風呂敷?) | トップページ | 【新・浮世絵展】やっぱり龍が好き! »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216618/29799167

この記事へのトラックバック一覧です: なぜこの形が必要なのか?:

« 紅白の袱紗(風呂敷?) | トップページ | 【新・浮世絵展】やっぱり龍が好き! »